千葉の輸入車、外車の車検・点検・故障修理/鈑金塗装・自動車、車のことなら安い修理から保険修理まで確かな技術のアクティブへ!

メンテナンス

汚れてきてしまったら?

最初に水洗いだけで、汚れを落とします。汚れている箇所に、適量のクリーナーをスポンジに付けてから、食器を洗う感覚でやさしく洗ってください。クリーナーの泡はよく水で洗い流してください。

通常の水洗いだけでは落ちない汚れ、シミがついてきたしまったら、当店推奨の専用クリーナーをご使用ください。市販されている洗車用洗剤には、石油系添加剤が含まれているものが多いため、お勧めはできません。また、コンパウンド(研磨剤)の入っているクリーナーはコーティングを削ってしまいます。

ワックスはかけなくてもいいのですか?

ワックスをかける必要ありません。
ワックスをかけてしまうと本来の性能は全く発揮できなくなります。

鉄粉、ピッチが付いてしまったら?

耐薬品性がありますので、市販されている商品で落とせます。
市販の鉄粉クリーナー(ホイルクリーナーでもOK)、ピッチはピッチクリーナーでOKです。
それらを使用した後は、専用クリーナーで、洗車をしてください。

鳥のフンや、虫がこびり付いてしまったら?

乾燥し固着してしまったら、かなりしつこいでしょう。キズが付かないように、水と専用クリーナーでよくふやかせ、時間をかけてやさしく洗い落としましょう。

洗車機に入れてもいい?

洗車機のブラシで剥がれ落ちることはありませんが、物理的な力となりますので回数を重ねることによって削られる可能性とキズが付くことがあります。また、ブラシに付いているワックス分を付けてしまいますので、汚れやすくなってしまいます。できるだけ控えましょう。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンスは全く必要ありません。

経過年数により汚れやシミ、キズが気になってきた場合にメンテナンスをいたします。使用環境の違いが大きく、お客様が必要と思った時が、メンテナンス時期です。
メンテナンス方法はシミ、汚れ、キズ(洗車キズのような細かいもの)を取り除いてあげるだけの簡単なものです。状況により一律ではありませんが、1万円~3万円ほどです。

アクティブのクオーツガラスコーティング:最新の修理実績