千葉の輸入車、外車の車検・点検・故障修理/鈑金塗装・自動車、車のことなら安い修理から保険修理まで確かな技術のアクティブへ!


※消費税価格の変更あります。下記価格表を参照して下さい。

◆最近のエンジンは、カーボンが付着しやすい?!

近年のエンジンは、高燃費・環境配慮から、直噴エンジンや可変バルブタイミング機構、希薄燃焼方式などが採用されています。

このようなエンジンでは、吸気ポートへの吹き返し、EGRによる排気ガス再循環などによって、吸気通路にカーボンが付着し非常に汚れています。

さらに最も使用状況が過酷で汚れが進行する「チョイ乗り」が多いため汚れが酷くなります。

これらの汚れは、吸気ポートに推積し、吸気効率の低下、アイドリング不安定など、エンジン不調を発生させます。

特にスロットルバルブ裏に付着したカーボンは、除去しにくく、今まではバルブを外して清掃する必要がありました。

◆WAKO’Sの「RECS」とは・・・?

これまで燃料タンクに添加する清浄剤では成し得なかった、吸気ポート・吸気バルブ・燃焼室のデポジットの除去が、簡単に施工できるクリーンシステムが実現しました。

「RECS」は、これまでエンジンの分解・カーボンブラスター等で行っていたエンジン洗浄作業を、「短時間に簡単に」行うことが可能となりました。

RECS=Rapid Engine Cleaning System

  • 吸気バルブ ビフォー

    ■吸気バルブ ビフォー

  • 吸気バルブ アフター

    ■吸気バルブ アフター

  • ■吸気ポート ビフォー

    ■吸気ポート ビフォー

  • 吸気ポート アフター

    ■吸気ポート アフター

  • ■ピストンヘッド ビフォー

    ■ピストンヘッド ビフォー

  • ピストンヘッド アフター

    ■ピストンヘッド アフター

◆作業方法(30分から60分)

  1. RECS専用器具を装着
  2. 注入量のセッティング
  3. アイドリング状態でRECS注入
  4. RECS注入完了後、RECS専用器具を取り外す
  5. エンジンをスタートさせ、高回転で内部の汚れを排出
  6. エンジンオイル・エレメントの交換
  • RECS注入

  • 排気

  • 復元

◆お客様の声

○車種:BMW325i M様
○症状:アイドリング時のエンジン回転の不安定(エンジンブレ)、エンジン始動が悪い

≪RECS施工後のお客様の声≫

エンジンのブレが直りました!しかもエンジンの始動も一発でかかります!大満足です!もっと早くお勧めしてほしかったです。(笑)

○車種:メルセデスベンツE320 S様
○症状:吹け上がりの重たい感じがあった

≪RECS施工後のお客様の声≫

アクセルの重たい感じがあり、車体が重たいような感覚があり、パワーがなくなった様に感じた。アクティブさんのオススメでRECSを施工したところ、素人の私がわかるほど、加速するようになりました。実は、燃費も良くなっていました。

○車種:アルファロメオ147 E様
○症状:特に気になることはなし

≪RECS施工後のお客様の声≫

走行距離が8万キロになっていましたが、今までにこれと言ったメンテナンスは行っていなかったので、評判の良いRECSを施工してみました。
RECSの施工後は、吹け上がりが軽くなって、気持ちよくエンジンが回っている気がします。このようなメンテナンスも定期的にやった方がいいみたいで、10万キロになったら、またお願いします。

RECS施工価格表

排気量 輸入車 国産車 フューエルワン
1,000cc以下 5,000 3,000 1,600
~2000cc 10,000 8,000 1,600
~3000cc 15,000 13,000 1,600
~4000cc 20,000 18,000 1,600
4001cc~ 25,000 23,000 1,600
1000ccごと +5,000 +5,000 1,600

※パーツの脱着が必要になった場合には、別途費用がかかります。

◆RECSは、このような方にお勧めします!

自動車のエンジン内部は、どのような定期的なメンテナンスを行っていても、必ず汚れが付着してしまいます。
エンジンの動作をスムーズに、快適にするためには、大きく分けて、3つのポイントがあります。

①エンジンオイルの通る箇所の汚れの除去
②燃料が通る箇所の汚れの除去
③冷却水の低下

①は、定期的なエンジンオイルの交換と、フラッシングを行っていますね。
③も、定期的な冷却水の交換を行いますし、冷却水の機能回復剤などがあります。
②についても、エンジンを安定させるには、重要なポイントになりますが、メンテナンス方法が少なく、放置の方が多いのではないでしょうか?
従来から吸気系・燃料系のクリーニングも存在していますが、大がかりな機器が必要だったり、コスト的にも高価なメンテナンスでした。
また、燃料タンク内に注入する洗浄剤がありますが、体感できるほどの違いがないのが現状です。

これまでに、燃料系の洗浄をしたことない、機械的な不良がないのに、不安定なエンジン、エンジンの掛かりが悪い、エンジンのブレがあるなどのお車にRECSをお勧めします。